どこの裁判所に申し立てる?

離婚の調停を家庭裁判所に申し立てるときには、管轄が決まっています。基本的には、相手方の住所地を管轄している家裁になりますので、別居しているときには相手がいるところまで自分が出向かなければなりません。ただ、特段の事情がある場合には家裁の管轄を変更してもらう申し立てが受理されることもありますので、書記官に相談してみると良いでしょう。たとえば、重度の病気や子供が小さいなど、相手方の住所地まで出かけることが困難な場合には、管轄の変更が認められることがあります。


なお、弁護士に手続きを依頼したときには、場合によっては弁護士だけが出廷してくれることもあります。調停は基本的に話し合いの場ですので、弁護士に依頼しても本人も呼び出しを受けることがほとんどですが、電話会議など融通を利かせてもらえる場合もありますので、事情があって移動できない場合には相談してみましょう。なお、相手方が出廷しないときには調停は不成立となり、次は訴訟になります。訴訟でも何の対応もしてこなければ、原告側の希望通りの判決となりますので、相手が話し合いや裁判に乗ってこなかったとしても、時間はかかっても最終的には何らかの決着をつけることはできます。

コメントは受け付けていません。