審判の異議申し立て方法

家庭裁判所の審判というのは、手続きが非公開のため、裁判所が相当であると認める人の傍聴が許されているのみとなっています。また、審判の審理には、当事者が事実を供述したり、意志を表明することが原則となっており、自分自身が出頭をしなければならないため、訴訟に近いものとなってしまいます。そのため、審判は一種の裁判となり、家庭裁判所が一方的に宣言するものとなっています。不服な場合は、異議申立てをすることができるようになっています。申立てをできる期間としては、審判の出された日にちから二週間以内であれば、申し立てることができます。


申立てが出された場合には、審判は無効になると決められています。申立て書には、なぜ異論を申し立てているのかなどの、具体的な理由などを記載する必要はなく、決められた書類に署名、捺印をして、裁判所の謄本を添えて、家庭裁判所に提出をします。審判を下した家庭裁判所に提出しましょう。離婚の場合には、財産分与や教育費の意見の違いなどで、調停が成立しない場合などに提出することが多くあります。離婚の意志は双方で同意ができたとしても、さまざまな条件が合わない場合などに役立つものとして使われています。

コメントは受け付けていません。