調停離婚の手続き方法について

調停離婚とは、離婚協議が夫婦間で成立しない場合に、家庭裁判所での調停で成立させるという離婚のことです。離婚の話だけでなく、離婚以外の話も解決させることができます。手続きの方法は家庭裁判所で無料でもらうことができる申立書を手に入れ、必要事項を記入します。記入事項は申し立ての趣旨や事情などで、申し立ての趣旨には、親権者や養育費などの希望金額を記入します。全て記入したら、家庭裁判所に申立書を提出します。提出する際は、申立書の他に、申し立ての添付書類や夫婦の戸籍謄本も必要になっています。


申し立てにかかる費用は1000円程度となっています。申し立てが受理されて、しばらくすると、調停の日時が決定し、日時が記入されている書類が送られてきます。決められた日時に家庭裁判所に行き、調停が行われます。調停では、申し立ての趣旨などを話します。調停の中で、養育費や慰謝料、財産分与などの問題を同時に解決することができます。調停は1回では終了せず、何回か行なわれます。2回目以降の調停の日時は調停の場で決められます。調停が終了するまでの期間は内容などによって違ってきます。成立したら、10日以内に離婚届を提出して終了となります。

コメントは受け付けていません。