調停離婚の注意点について

調停離婚とは、夫婦間で離婚の話し合いをしたけどどちらかが合意しない場合、または、親権・養育費・慰謝料などの条件等で折り合いが付かない場合、相手が暴力を振るうので、話し合いができない、相手と遠く離れて暮らしているため話し合いをもういけることができないなどのときに、家庭裁判所で調停を利用することをさします。
炉コン調停をする場合、注意点があります。
調停を行う日は、平日の日中となっていますので、調停を行う日は仕事を休まなければなりません。
基本的には、本人の出席が原則です。
ですが、代理人を立てられる場合もありますので裁判所に確認しておきましょう。
次に、離婚調停で掛かる費用は2000円程度となりますが、裁判所までの交通費はもちろん実費となります。


同居していたり、ご自身が申し立てしたのであればご自身の管轄する家庭裁判所で行うことになりますが、離れて別居していて相手側が申し立てした場合は、相手側の管轄の裁判所で行うことになりますので、そこまでの交通費が掛かってしまうこととなります。
何度話し合っても解決できず調停がまとまらなかった場合、裁判所は、不成立扱いにして調停を終了します。
そして、再度離婚調停を行うことはできません。
そうした場合、あきらめるか、離婚裁判を行うかの2択となります。

コメントは受け付けていません。