調停調書の内容を守らせる方法について

離婚調停で話し合われる内容はその夫婦毎に様々有りますが、そこで約束された事が必ずしも守られる事は無く最近では養育費の支払い不履行など約束が破られる事も少なくはなく、最悪は消息不明になり連絡が取れなくなりそのせいで生活が困窮する女性も少なくはありません。

これは子供の将来や家庭環境の為にも女性の生活の為にも良い事とは言えませんので、最近では離婚調停で決められた事の詳細を公正証書に残すと言う方法をとる女性も増えています。公正証書を作成するには夫婦で公証役場に行く必要が有りますが、一方が都合が悪く行けない場合でも自筆の委任状が有れば一人で行っても公正証書は作成できますので調停後に公証役場に行く人も増えています。

公正証書に約束した事を残す事によって支払い不履行の危険性を減らし、万が一支払い不履行などの契約違反が起きた場合は裁判所の承認がなくても公正証書を持参する事によって、相手の資産を差し押さえる事も可能になります。


 

公正証書はそれだけの法的拘束力を持っていますので、調停証書に書いてある事でそのまま公正証書を作成し夫婦の署名捺印で書類は作成できますので相手が信用できない場合は裁判所に公証人も来てもらってその場で書類を作成するのが地番確実な方法とも言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。